ガスの引越手続き方法

ガスは水道や電気と違い、自分ひとりで開栓・使用開始することができません。そのため、引っ越す前後には必ずガス会社に連絡をしておきましょう。退去の際は立会いが不要の場合もありますが、入居後開栓する際は必ず立会いが必要です。

退去時(引越し前)

引越し当日、係員がメーターを確認するため旧居に訪問し、閉栓作業と使用料金の精算をおこないます。メーターが室外にあれば立ち合いの必要はありませんが、室内にある物件は、必ず立ち合いとなります。一度閉めたガス栓は、再度開栓することができず、ガスが使えなくなってしまうので閉栓のタイミングに注意しましょう。

届出場所 引越し前に利用していたガス会社
手続き方法 ・インターネット
・電話
用意しておくとよいもの 「お客様ガス番号」などが記載されている
「領収書」や「検針票」
申し込む時期 引越しの1~2週間前
立会い 引越しの当日、ガス会社の係員がメーターの確認をし、ガス料金の精算を行います。口座振替でガス料金を使用している場合は、現金ではなく、口座振替で清算することもできます。ガスメーターが屋外にある場合は、閉栓に立ち会う必要はありませんが、ガスメーターが室内にあったり、オートロック式の建物の場合は、立ち会う必要があるので、スケジュールの調整に注意しましょう。
必要事項 ・契約者/解約申し込み者の氏名
・お客様番号
・使用中止予定日
・現住所や電話番号など、現在の連絡先
・引越し先の住所や電話番号など、新しい連絡先
・最後の月の支払い方法
※利用している会社によって異なる場合もありますが、だいたいこのような情報が必要です。 検針票などを手元に用意しておくとよいでしょう。
退去日にすること ガスの元栓を閉める

入居後(引越し後)

引越し後のガス機器は新調するのがおすすめです。ガスには都市ガスとプロパンガス(LPガス)の2種類があり、それぞれ使用できるガス機器が違います。さらに、新居のガスの種類が違えばもちろん、同じ種類の場合でも、今まで使用していたガス機器をそのまま使えない場合があるからです。

届出場所 引越し後に利用予定の電力会社
手続き方法 ・インターネット
・申込書の郵送、FAX
・電話
※引越し初日から使えるように早めに連絡をして必ず予約をしておいてください。
必要なモノ ・手持ちのガス機器
・終了確認のための印鑑(サインでも可)
必要事項 ・契約者/申し込み者の氏名
・使用開始予定日(立会いが必要な場合は立会い希望日時)
・現住所や電話番号など、現在の連絡先
・引越し先の住所や電話番号など、新しい連絡先
・今後の支払い方法
※利用している会社によって異なる場合もありますが、だいたいこのような情報が必要です
入居日にすること 事前に予約した日程・時間帯に、係員が新居へ訪問して開栓作業を行います。作業時間の目安は15〜20分程度です。ガス漏れ検査や点火確認を行うため、必ず立ち合いが必要となります。
新居でのガスについて分からないことなどがあれば、作業当日に聞くことができます。また、立ち合い当日までに、使用するガス機器(ガスコンロ・ガスストーブ等)も用意しておきましょう。
※係員は、ガス会社の方ではなく、ガス会社が委託している会社の方が作業に来る場合がほとんどです。

×

検索広告からアクセスされたお客様は、次回検索しても当サイトにたどり着けない場合があります。必ずお気に入りに追加ください。

  • Call:0120-914-784